ネットビジネスで稼ぐ

コンテンツビジネスで稼ぐ

コンテンツビジネスで稼ぐ

 

コンテンツビジネスとは?

コンテンツビジネスってご存知ですか?

コンテンツビジネスとは、自分が持っている情報や知識、これまでの経験談などを文章や動画などのコンテンツにして販売することです。

自分の趣味や、仕事、日常の面白かったことなどについて、ブログやSNSで発信しているという方は多いと思います。

そういったものをもう少し専門的に書いたり、多くの人が「お金を払っても見たい!」と思えるような内容にすることで、有料のコンテンツとして発売できるのです。

 

コンテンツビジネスの始め方

① コンテンツを販売できるサービスに登録する

コンテンツを販売できる場所はいくつかありますが、知名度が高いのは“note”ではないでしょうか。

そういったサービスに登録することで、数多くいる他の登録者の目にも留まりやすくなりますし、コンテンツの売買もシステム化されているので初心者でも始めやすいです。

サービスによって手数料や特徴が違ったりするので、いくつかのサービスを比較して自分に合った場所を選ぶといいですね。

② コンテンツを作って販売する

そもそもコンテンツって何を作ればいいんだろう?と思いますよね。

規約に反するものでなければ、どんなものでも自由に販売できます。それが個人のコンテンツ販売のいいところなんです。

でも、全く知識のないものよりも自分の好きなジャンルを極めたものの方が制作しやすいですし、「見たい!」と思わせることができます。

人気があるジャンルだと、恋愛・結婚に関する記事、ダイエット成功談や個人の副業に関するものなどの悩みを解決してくれそうなものや、なんだか気分が満たされるとか、自分にとって有益と感じられるものが多く売れているようです。

可愛いペットの写真や、ブログにはアップしていない秘蔵映像なんかもいいかもしれませんね。

 

コンテンツ販売のコツ

いざコンテンツ販売のサービスに登録して、コンテンツをひたすらに制作するだけでは、なかなか売上をあげることは難しいと言われています。

コンテンツを買ってもらうためには、コンテンツの内容をより充実させることと、集客を集めることが肝心になります。

ひとつひとつを詳しく見ていきましょう。

① コンテンツの内容を充実させること

毎日多くの人が検索サイトを使って調べものをしていますが、ほとんどが無料で読むことができますよね。

そんな中でもお金を払ってでも見たいと思ってもらうためには、コンテンツのクオリティが高いことは必須条件になります。

まずはチャレンジしてみたいジャンルについて、勉強してより詳しくなったり経験を積むことが大切です。

例えば漫画を描いてみたいと思ったら、やみくもに描いてみるのではなくイラストの描き方や全体の構成の勉強をした方がよりクオリティの高い漫画を作ることができますよね。売れている作家さんがどんなものを作っているのか実際に買ってみて研究してみるのもいいでしょう。

そうすることでどんなものにニーズがあるのか、売れるコンテンツとはどんなものかを最短ルートで知ることができます。

② 知名度を上げること

どんなにクオリティが高くて、たくさんのコンテンツを発売したとしても、多くの人の目に留まらなければ購入には繋がりません。

まずはツイッターやインスタグラムなどのSNSやブログなどでコンテンツについての発信をします。そして読者やフォロワーを増やすことで多くの人に宣伝できるようになります。

地道な作業ですが、コンテンツを買ってもらうためには大事なことなんです。

最初はなかなか見てもらえなかったり、売れなかったりして落ち込むこともあるかもしれませんが、ここは長い目で見ることが成功の秘訣です。まずは月に1000円売り上げることを目標にしたりしてコツコツと頑張っていきましょう!

コンテンツビジネスのメリット

知名度を得るまでの地道な作業やコンテンツ制作への苦労はありますが、コンテンツビジネスにはメリットもあります!

まず「自分の好きなことに関する知識や経験を売ることができる」これは何か趣味や大好きなことがある人にとっては嬉しいですよね。自分が好きだと思っていることを売るという時点でモチベーションが上がります。

そして最大のメリットは「費用がほとんどかからなかったり、赤字になりにくいこと」です。パソコンやスマホさえあれば、文章を作ったり画像や動画の編集をすることもできますよね。そういったものを販売する形になるので、商品販売のように仕入れの費用がかかったり在庫を抱えないで済みますし、金銭面でのリスクが低いのがコンテンツ販売のいいところと言えます。

全てが簡単に進むわけではないですが、人気になれればライターや作家として活動することも夢ではありません。そういったものに興味があるならぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!