節約の裏技

電気料金節約方法

電気料金節約方法

電力節約方法を知る!

 

皆さんのご家庭の電気料金が節約できる方法があるって、ご存知ですか?

 その前に「電力の小売り全面自由化」を理解しておく必要があります。

電気料金の節約は、この、「電力の小売り全面自由化」が大きなカギを握っています。

何故なら電気料金に「競争原理」が導入されたからです。

 

この制度により、企業・事業者だけでなく一般のご家庭でも電力は自由化され、

電力の節約が可能となっているのです。

従って、電気代を安くするには、皆さんのご家庭に最もマッチする電気会社を見つけること

が大事です。

探せば、今よりも安い電気会社をチョイスことが出来ます!

そこで。まず最初に、「電力の小売り全面自由化」を少し理解しておきましょう。

 

(1)「電力の小売り全面自由化」について

 

経済産業省 資源エネルギー庁 より

電力の小売全面自由化とは

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売

しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。

各地域の電力会社の供給区域

2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商

店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるように

なったのです。

電力の小売自由化の歴史

最初の小売自由化は、2000年3月に始まりました。はじめは、「特別高圧」区分の大規模

工場やデパート、オフィスビルが電力会社を自由に選ぶことができるようになり、新規参入

した電力会社「新電力」からも電気を購入することが可能になりました。

その後、2004年4月・ 2005年4月には、小売自由化の対象が「高圧」区分の中小規模工場

や中小ビルへと徐々に拡大していきました。

そして、 2016年4月1日からは、「低圧」区分の家庭や商店などにおいても電力会社が

選べるようになりました。

電力供給の仕組み

 

電力小売全面自由化後も、物理的な電力供給の仕組みには原則変更はありません。

電力は、 以下図の通り、発電所 → 送電線 → 変電所 → 配電線 の経路を

たどり、各ご家庭まで供給されています。また、電力の供給システムは、

(1)発電部門 、 (2)送配電部門 、 (3)小売部門 の大まかに3つの部門に

分類されます。

   

 

(1)発電部門とは

水力、火力、原子力、太陽光、風力、地熱などの発電所を運営し、電気を作る部門です。

(2)送配電部門とは

発電所から消費者(各ご家庭を含む)までつながる送電線・配電線などの送配電ネットワー

クを管理します。物理的に電気を家庭に届けるのは、この部門の役割です。

また、ネットワーク全体で電力のバランス(周波数等)を調整し、停電を防ぎ、電気の安定

供給を守る要となるのも、この部門です。

 

(3)小売部門とは

消費者(各ご家庭を含む)と直接やりとりをし、料金メニューの設定や、契約手続などの

サービスを行います。

また、消費者が必要とするだけの電力を発電部門から調達するのも、この部門の役割です。

⇒電力小売全面自由化により、 (3)小売部門 において、新たに事業者が自由に参入でき

るようになります。

(1)発電部門 はすでに原則参入自由ですが、 (2)送配電部門 は安定供給を担う要の

ため、電力小売全面自由化後も引き続き、政府が許可した企業(各地域の電力会社(東京電

力、関西電力等))が担当します。

そのため、どの小売事業者から電気を買っても、これまでと同じ送配電ネットワークを使っ

て電気は届けられるので、電気の品質や信頼性(停電の可能性など)は変わりません。

なお、電気の特性上、電気の需要(消費)と供給(発電)は、送配電ネットワーク全体で

一致させないと、ネットワーク全体の電力供給が不安定になってしまいます。

そのため、もし小売部門の事業者が、契約している消費者が必要とするだけの電力を調達

できなかった場合には、送配電部門の事業者がそれを補い、消費者にきちんと電力が届く

ように調整します。

 

(2) 電気代を安くする方法

 

毎月、電気代を支払っていますよね。1ヶ月あたりの電気代は大きくなくても、

1年や2年で積み重なると大きな金額になってしまいます。

そこで、電気代を節約する方法を見ていきましょう。

電気代を節約するためには、省エネ家電を選ぶ、電気の消費行動を見直す、数ある電気料金

プランの中から最適なものを選ぶなどの方法があります。

 

① 自分の電気の契約内容を確認しましょう。

お宅の電気料金プランを知っていますか?

敵を知り、自分を知れば百戦危うからずという昔からの言葉があります。

電気代を節約するためにも、まずは電気の契約内容を確認することから始めましょう。

東京電力や関西電力などの電力会社では、いくつかの電気料金プランが用意されています。

電気料金プランは大きく分けて法人向けのものと家庭向けのものがありますが、家庭向けと

いっても、小規模世帯向け、大家族向け、オール電化世帯向け、夜間の電気使用量が多い

世帯向けなど、さまざまなバリエーションがあります。

自分の電気の契約内容を知るには、毎月電力会社から送られてくる「電気使用量のお知ら

せ」(請求書)を見てみましょう。電気使用量通知書」の「契約種別」欄には、あなたの

電気プランの名称が記載されています。

 

② 電力会社の種類について知っておきましょう。

2016年4月に電力小売りが全面自由化されたことにより、

2016年6月当時では、310社が小売電気事業者として登録されています。

小売電気事業者の登録とは?

小売電気事業者を営もうとする者は、経済産業大臣の登録を受けなければなりません。これは、経済産業大臣と電気取引委員会が、小売電気事業者が販売しようとする電気の量に見合った電力の供給を確保できているか、契約時に消費者への説明や書類の提出が適切に行われる体制が整っているか、消費者からの苦情に対応する体制が整っているかなどを審査するというものです。経済産業大臣と電気取引委員会は、電気証明書の発行体制が適切かどうか、消費者からの苦情処理等の体制が整っているかどうかを審査し、消費者への電力の安定供給を確保します。

 

小売電気事業者は、大きく分けて以下のものがあります

 

(1)発電所や送配電網を持ち、小売販売も行っている東京電力や関西電力などの大手10社

(2)小売全面自由化以前から電力を供給している新電力事業者(PPS)、

(3)小売全面自由化後に小売市場に参入したPPS。

さらに、小売全面自由化後に小売市場に参入したPPSは、LP・都市ガス、石油、

再生可能エネルギー、その他に細分化することができます。

 

 

③ 我が家に最適の電力会社のプランを知っておきましょう

2016年4月の電力自由化後、電気を使った分だけ料金が支払われるシンプルなプランが

登場しましたが、基本的には複数の要素を組み合わせた複雑なプランが主流です。

自分の条件に合わせて電気料金プランを変更することも可能です。

どのような電気料金プランがあるのかをまとめてみました。

従量電灯プラン

– 昔から大手電力会社が提供している最もスタンダードなプランです。

現在でも、ほとんどの家庭では、電気の使用量に応じて1kWhあたりの料金が変わる

従量電灯プランを利用しています。

* 電気料金は、「基本料金+電気量料金(1kWhあたりの料金)」で構成されています。

* 従量電灯プランの電気料金の一例をご紹介します。東京電力を使用)使用電力量に

応じて、1kWhあたりの電気料金は3段階で変化します。使用電力量が増えると、

1kWhあたりの電気料金も高くなります。

 

時間帯や曜日によって料金が変わるプラン

* 電気料金プランの中には、時間帯や曜日によって電気料金(1kWhあたりの料金)が

変わるものがあります。深夜に電気料金が安くなるプランや、週末に電気料金が安く

なるプランなどがあります。特定の時間帯や曜日に集中的に電気を使う方は、電気代

を安くできる可能性があります。ただし、特定の時間帯の電気料金が安くなる一方で、

日中の時間帯の電気料金は従量制の電気料金プランよりも割高になることもあるので、

契約前によく確認しておく必要があります。

* 電気料金は「基本料金+電気量料金(1kWhあたりの料金)」で構成されています。

* 以下は、時間帯や曜日によって料金が変わるプランの電気料金の一例です。

(中部電力のスマートライフプラン)土日の方が料金が安くなっています。)

スマート契約(実量契約)を利用するプラン

* スマートコントラクト(実量契約)とは、基本料金が固定されているのではなく、

スマートメーターで計測した値に応じて毎年変動する契約のことです。

電力会社によって、スマート契約や実量契約と呼ばれています。

スマート契約(実量契約)の場合、契約電力は、スマートメーターで計測した過去1年

間の各月(その月と過去11ヶ月間)のピーク電力(30分ごとの使用電力量の最大値)

のうち、最も高い値となります。一番高い値! これがポイント!

* つまり、電気料金を安くするには、ピーク時の最大使用電力量をいかに下げるかが

ポイントになります。日常的に電気をよく使う人は基本料金を下げることができます

が、頻繁にブレーカーを切る人は最大電力が高すぎるため、スマート契約には向いて

いません。

 

基本料金がかからないプランと電気料金が定額のシンプルなプラン

* 電力自由化に伴い、これまでの複雑な料金プランとは一線を画すシンプルなプラン

が発表されています。

* 電気を使った分だけ料金を支払うというシンプルでわかりやすいプランです。

利用者としては、当たり前!?なぜ今までこんなプランがなかったのか?

なぜ今までなかったのか?

* 電気料金が一律なので、電気の使用量が少ない家庭の方が割高になることが多い

ので、必ず計算してから選ぶようにしましょう。

 

④ 我が家の電気使用量の特徴を理解しましょう。

家庭ごとに電気の使い方や時間帯は異なります。

我が家に合った電気料金プランを見つけるためには、ご自宅の電気使用量の特徴を理解する

ことがとても大切です。

 チェックしておきましょう!

電気料金プランの特徴とは?

* まず重要なのは、ご家庭の構成です。

ご想像の通り、ご家庭の人数が多ければ多いほど電気の消費量は多くなります。

次に、電気とは別にガスを使用しているかどうかも重要です。オール電化世帯であれ

ば、ガスを使用しないので必然的に電気の消費量は多くなります。

LPガスや都市ガス会社も電気に参入してきているので、自分のガス使用量を把握して

おくことで、自分に合ったプランを決めることができます。

また、ご自宅の間取りや使用している家電製品の消費電力も重要です。

例えばエアコンは消費電力が多いことで知られていますが、6畳のエアコンを使うのと

16畳のエアコンを使うのとでは、部屋の間取りによっては消費電力が2倍以上変わって

きます。電子レンジや食器洗い機、乾燥機をよく使うかどうかなどの電気の使用特性も、

電気の使用量を決める大きな要素です。

また、自分が一番電気を使う時間帯を把握しておくことも大切です。

例えば、夫婦共働きで子供が学校にいる家庭の場合、昼間は誰も家にいないので消費電力

は少なく、夜は昼間よりも消費電力が多くなります。また、土日に出勤したり、週末に

外出したりする家庭であれば、土日の消費電力は低くなります。このように、自分が電気

を使う時間帯を把握しておくことで、時間帯や曜日によって料金を変えるプランを検討

することができます。

 

⑤ 電気の使い方を変える

資源エネルギー庁の「平成22年度省エネルギー政策分析調査事業」による「家庭におけ

るエネルギー消費の実態」では、平成21年の世帯あたりの電気使用量の内訳が掲載され

ています。

 冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコンが家庭の電力消費量の4割以上を占めていることが

わかります。

電化製品と使用電気製品の割合(%)

電気冷蔵庫 14.2

照明器具 13.4

テレビ 8.9

エアコン 7.4

電気温水器 5.4

エコキュート 3.8

電気便座 3.7

食器洗い乾燥機 3.7

電気ポット 3.2

電子計算機 2.5

炊飯器 2.3

洗濯機・洗濯乾燥機 2.1

電気カーペット 2

電機・その他 27.4

出典)資源エネルギー庁

電気代の節約方法を考えるとき、

冷蔵庫や照明器具、テレビ、エアコンの電気代を抑えることが肝心のようです。

冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコンの電気代を節約する方法を見ていきましょう。

 

冷蔵庫の電気代を節約する方法

冷蔵庫で節電! 4つのポイント!

* 適切な温度管理

消費電力を抑えるためには、適温を保つことが大切です。冷蔵庫の場合 1℃~5℃まで

凍結コンパートメント:マイナス18℃~マイナス22

野菜コンパートメント 3℃~7

* 壁からの距離を保つ

冷蔵庫は電力を多く消費するため、冷蔵庫自体に熱がこもりがちです。

それを冷やすために、余計な電力を消費してしまうことがあります。

その為、壁から離して配置することで、熱を発散しやすくすることで節電につながります。

*冷蔵庫の冷気循環を考慮する

冷蔵庫には、キャビネット内の空気を循環させるためのファンが付いているものが多いで

す。省エネのためにも、キャビネットに物を詰め込みすぎないようにしましょう。

物を減らすためには、常温で保存できるものは冷蔵庫に入れず、内容物の割に無理な大きさ

の容器を使わないようにしましょう。

* 扉を開けている時間を減らす

省エネのためには、冷蔵庫の扉を開けている時間をできるだけ短くし、不必要に扉を開け閉

めしないようにすることが大切です。扉の開閉を減らすためには、扉を開ける前に何がどこ

にあるかを把握し、何を取り出すかを考えることが大切です。

 

照明やテレビの節電方法

*こまめに消す

無駄な照明はこまめに消します。日中の明るい時間に電気をつけていないか確認してみまし

ょう。

テレビも同様です。テレビを見ていないときはこまめに電源を切るようにしましょう。

*時々掃除する

照明は、ランプやセードが汚れると、明るさが極端に低下します。

また、テレビも画面にほこりがついていると設定より画面が暗く感じられることがありま

す。照明やテレビは時々掃除しましょう。

適切な明るさで

照明には明るさが調整できるものがあります。必要最低限の明るさに設定することを心がけ

ましょう。テレビも輝度を設定することができます。照明と同様に明るさを抑えましょう。

 

エアコンの節電方法

* 高めの温度設定

エアコンは設定温度を1度上げると約10%の節電効果があると言われています。

28℃前後の温度設定を心がけ、健康に節電しちゃいましょう。

*自動運転モードの活用

エアコンには、弱運転モード、省エネモード、自動運転モードなど様々な運転モードがあり

ます。運転モードは自動運転と覚えておきましょう。

* 不必要なスイッチのオンオフは逆効果

エアコンでは、設定温度まで室温を冷やす際に一番電気代がかかります。

こまめにスイッチをオンオフすることで室温が安定せず、結果的に電気代があがってしまう

ことになりかねないので、不必要なスイッチのオンオフは避けましょう。

* その他

ご存知のとおり、エアコンにはフィルターがついていて、フィルターで空気中のチリや

ホコリを取り除いています。フィルターにホコリがたまるとエアコンの効果が落ちてしまう

ため、少なくとも月に1回はフィルターの掃除をするように心がけましょう。

 

待機時消費電力

冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコンだけでなくすべての電化製品に関して言えることです

が、待機時消費電力を抑えることも非常に重要な節電テクニックの一つです。

資源エネルギー庁によると、

家庭で1年間に消費する電力量のうち、約5.1%が待機時消費電力と言われています。

待機時消費電力を減らすために、こまめに主電源を切る、長時間使わない機器はコンセント

からプラグを抜く、待機時消費電力が小さい製品を購入するなどして電気代を節約しましょ

う。



(3)実際に電気料金を節約する具体的手法

 

電気料金比較サイトや電気のプロに相談する

2016年4月に電力の小売全面自由化がスタートしています。

現在は300社以上の電力会社がひしめき合っているのが実態です。

各社がそれぞれ工夫し、競争している訳です。

お近くの電力会社をネットで調べたり、プロの意見を聞くなどすることで、

電気料金の節約はまだまだ出来そうですね