資格獲得で稼ぐ

資格獲得で稼ぐ!食生活健康アドバイザーの資格獲得



 

食育健康アドバイザー資格の獲得で副業しませんか?

食育について

食育とは、食に関する正しい知識を持つことで、健全な食生活を送ることができるように

育てることを目的とした用語です。

食べることは人間が生きていく上で欠かせないものであり、例外なくすべての人に

当てはまりますが、食生活が乱れていると、その人の心身の健康も乱れてしまいます。

食育は子供だけのものと思われがちですが、そうではなく、大人にも関係しています。

現代社会では、長時間労働や共働きの増加により、時間のかかる食事よりも手軽で簡単な

食事が求められるようになってきています。

また、家族で一緒に食べるのではなく、個人で好きなように食べることが一般的になって

きています。このような背景から、乱れた食生活は子どもだけでなく、大人の間でも発生

しており、食育の正しい知識を身につけることが望まれています。

日本のような先進国であるアメリカでは、肥満が深刻な社会問題となっており、栄養価の

低い高カロリーのジャンクフードの自主規制を推進する動きがあります。

日本でも2005年に食育基本法が制定され、食育の重要性が徐々に認知されつつあります。

自由に手軽に食べられる現代では、食の基本に立ち返った食育が求められています。

食育の仕事内容

食育は食全般に関することなので、食や食に関わるどのような仕事にも活かせます。

例えば、食品メーカーや飲食店、オーガニック食品などを販売しているスーパーのスタッフ

など、食育の知識を活かせる職場は多岐にわたります。例えば、食品メーカーに勤務してい

る場合、現代社会では食育への関心が高いので、「健康に良い」「栄養バランスが取れてい

る」商品を企画することができます。

飲食店の場合も同様です。ダイエットメニューとして話題になったタニタ食堂のように、

食事と健康にアプローチしたメニューを作り、提供することで、「時間がないから外食す

る」のではなく、「健康的なものを食べる」ことができるようになります。外食するなら、

健康的な食事を提供しているお店を選ぶと良いでしょう。

オーガニックスーパーでスタッフとして働く場合は、食育の知識を活かして、お客様の

ニーズに合った商品を提案したり、お客様のライフスタイルを相談したりすることで、

より満足度の高い親身な接客をすることができます。

このような食育の知識を既存の職業に加えることで、現代社会の課題を解決する商品や

サービスを提供することができます。

また、直接食品業界に携わっていなくても、食育に関する講演会やセミナーなどの事業は

広く行われていますので、食育の知識を活かすことができます。

 

食育健康アドバイザー資格を取得する

 

食育健康アドバイザーの仕事内容

食生活健康アドバイザーの仕事は、食生活や健康に悩んでいる人に、現状を変えるきっかけ

を提供することです。

具体的には、その人の体質を考慮した上で、食生活や健康に関するアドバイスを行うのが

食生活アドバイザーの仕事です。

日々の食生活を改善することは非常に難しく、専門家の意見を聞かないと正しい方向に

修正することは難しいことが多いです。

そのため、食育健康アドバイザーの需要は多いでしょう。

食育・健康アドバイザーは、専門学校や学校など食に関わるあらゆる職場で働くことが

できます。

人の役に立てる食育の知識や技術を持っていれば、自分に合った仕事を選ぶことができる

でしょう。

 

食育関連の資格は今後も需要が高まる

食育・食育基本法が制定されて以来、日本では多くの人や企業が食と健康の関係を研究する

ようになりました。

この流れは現在も続いており、多くの職種が食育の専門家を求めています。

また、食育・健康アドバイザーの資格は、どの職場でも需要があると予想されています。

この資格を取得した後は、就職や転職に活かすことができます。

食生活や健康に関わる仕事に就く可能性がある方は、食育や健康アドバイザーなどの

食育資格の勉強をして、即戦力になる準備をしておくことをおすすめします。

あなたも食育・健康アドバイザーの資格を獲得して副業始めませんか?

在宅で簡単に資格取得できる人気の通信講座【SARAスクール】