節約の裏技

ガス料金 節約法

ガス代を節約する方法について!



ガス代を節約する方法を徹底解説!

 

ガス代を安くして節約するための効果的な方法を徹底解説します。

ガス代を今の使用料以上に安くするにはどうすれば良いでしょか?

ココでは、身の回りの些細なことも少しだけでも注意すれば「ガス料金は節約」出来る方法

を説明します。

特に、冬場の、暖房器具を使い始める時期は、特にガスヒーターやお風呂のお湯など、

ガスをたくさん使う機会が増えるので、ガス代が気になる季節は効果的ですよ。

まず最初に、ガスの種類とガス代の相場について見ていきましょう。

 

平均的なガス代は?

住んでいる人の人数にもよりますが、ガスを使う人が多ければ多いほどガス代は高くなりま

す。実際に、世帯の人数によってガス代がどのくらい変わるのか見てみましょう。

平均的なガス代の使用料は?

1人世帯のご利用 : 3,103円

2人世帯のご利用 : 4,364円

3人家族のご利用 : 5,101円

4人世帯のご利用 : 5,036円

5人家族のご利用 : 4,954円

ご覧のように、世帯の人数が増えれば自然とガス代の平均値は上がっていきます。

 

プロパンガスと都市ガスの違いについて

私たちが日常生活で使用しているガスには、プロパンガスと都市ガスの2種類があります。

この2つの違いについて、あまり知識がないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、この2種類のガスの違いを見ていきましょう。

プロパンガスの場合

プロパンガスとは、石油ガスを液化させて作られるガスです。

空気よりも重く、-42℃まで冷やすと液化する性質があります。

プロパンガスは無色のガスです。基本的には無臭のガスですが、万が一ガスが漏れた場合の

安全性を考慮して、人工的な臭いを加えて安全に使用できるようにしています。

プロパンガスはカタールやサウジアラビアなどの中東から輸入されています。

 

都市ガスの場合

メタンを主成分とし、液化天然ガスを原料とする都市ガスは、-162℃に冷却することで

液化し、体積が小さくなります。空気よりも軽く、ガス漏れが発生するとガスが舞い上がり

ます。都市ガスもプロパンガスと同様に、ガス漏れの際の安全性を考慮して人工的に味付け

されています。

都市ガスは主にオーストラリアやカタールから輸入されています。

 

 

ガス代を節約する方法

 

契約内容の見直しが必要です!

日常生活の中でガス代に多くのお金を使っている家庭であれば、意識的にガス代を節約しな

い限り、ガス代を減らすことは難しいですし、自分がどれだけガス代を使っているのかを

意識することが大切です。

そこで今回は、ガス代を効果的に節約するために実際に何をすればいいのか、

「契約内容の見直し」から始めてみましょう。

 

ガス代を節約する方法:その① ガス会社を変える

 

これまでは固定のガス会社との契約を余儀なくされていましたが、2017年4月からガス会

社の選択が自由化され、電気と同じように各家庭が自由に会社を選べるようになりました。

これにより、家庭は様々な料金プランを提供しているガス会社と個別に契約することができ

るようになりました。そのため、今まで無駄にしていたガス代の節約につながることもあり

ます。

ガス代が少し高いと感じていた方は、この機会にガス会社を変更して、最適なプランで新た

に契約することをおすすめします。

ガス屋の窓口  

ガス代を節約する方法:その② 電気とガスのセットプランを利用

 

最近では、電気とガスのセットプランを利用して、1社で契約する家庭が増えています。

その理由は、電気とガスだけで契約するよりも、電気とガスを組み合わせたプランで契約

した方が光熱費の削減やガス代の節約がしやすいからです。

実際に、電気とガスを組み合わせるメリットを見ていきましょう。

メリット1:セット契約プランの割引プランが多い

各社が提供している電気・ガスのセット割引には様々な契約プランがあり、それぞれの会社

が提供している割引プランが異なります。セット契約プランは単体で契約するよりも割引率

が高く、年間の電気代やガス代を大幅に節約できる可能性があります。そのため、ガス代を

大幅に節約したい方は、セットプランを契約することをおすすめします。

メリット2:毎月の管理がしやすい

電気は電力会社と契約し、ガスはガス会社と契約していると、毎月の光熱費をまとめて管理

することが難しくなります。そのため、電気代とガス代を1つの会社にまとめて、毎月の

出費を管理しやすくすることをおすすめします。

また、電気代やガス代はインターネットで管理することができるので、ペーパーレスで

管理することができ、今まで紙版で管理していた方にもおすすめです。

メリット③引越しの際の手続きが簡単

電気とガスの両方の契約をしておけば、引越しの際には1社で解約するだけで済むので、

とても簡単です。別々に契約していた場合は、それぞれの会社で解約手続きをしなければな

りません。そうなると、かなりの手間と時間がかかってしまいます。

WEBからの指定の条件でお申込みで最大30000円キャッシュバック!【ガスチョイス】

ガス代を節約する方法:キッチンでのガス代節約術

 

次に見ていきたいのは、日常生活の中でガスを使う場所であるキッチンです。キッチン

では、料理をするときには必ずガスコンロを使用するため、毎日ガスを使用しています。

ここでは、キッチンのガスを節約してガス代を安く抑える方法をご紹介します。

 

ガス代を節約する方法:その③ 電子レンジ調理を積極的に使う

 

毎日キッチンで料理をするときだけガスコンロを使っていると、ガス代が高くなってしまい

ます。そのため、料理をするときは電子レンジを積極的に使うようにしましょう。

意外にも、電子レンジを使うことでガス代を大幅に節約することができます。特に加熱が

難しい野菜などは、下ごしらえの段階で電子レンジで加熱することで熱処理がしやすくな

り、ガス代の節約に直結します。また、ガスを使わずにスープを温める際にも電子レンジを

使ってガス代を節約することができます。

このように、調理方法に電子レンジを活用するのがおすすめです。

 

ガス代を節約する方法:その④ 給湯器の設定温度を下げる

 

もう一つの落とし穴は、給湯器の温度設定です。食器を洗うときに、給湯器の温度を高めに

設定しておくと、油汚れなどの汚れが落ちやすくなることがあります。しかし、

その分ガス代が余計にかかってしまいます。

そのため、給湯器を38~40度に設定しておくだけで、年間1,580円ものガス代を節約する

ことができます。このように、給湯器の設定温度を下げることを意識するだけでもかなりの

節約になるので、ぜひ実践してみてください。

 

ガス代を節約する方法:その⑤ 料理をするときは予熱を利用する

 

キッチンで料理をするときは、ガスを止めて火を止めても、予熱をうまく利用することが

できます。その際には、蓋を活用して調理をすることができます。

蓋には予熱を溜める効果があるので、蒸し料理をすることができます。野菜が自然と柔らか

くなってきた時や、お肉に火が通った時など、火を止めるタイミングが見えてきた時に

蓋を使って予熱をするのがおすすめです。

 

ガス代を節約する方法:その⑥落としフタを使ってガス代を節約する

 

ガスコンロで鍋で料理をするときに落としぶたを使うと、調理時間が短縮されるだけでな

く、ガスの熱が効率よく食材に届くようになるので、ガス代の節約に直結します。

特に、今まで気づかなかった方には、調理時には必ず落とし蓋や鍋蓋を使うことをおすすめ

します。熱伝導率が高く、ガス代の節約にもつながるので、普段の料理に意識的に取り入れ

てみましょう。

 

ガス代を節約する方法:その⑦ 調理には大きめの鍋を使う

 

大きな鍋を使って鍋全体を温め、ガスを無駄にせずにたくさんのおかずを調理しましょう。

鍋が大きければ大きいほど、鍋底に均等に熱が当たるので、鍋全体を均等に温めることがで

き、ガス代を圧倒的に節約できると言われています。

そのため、残り物用など一度にたくさんの料理を作る必要がある場合や、大家族がいる場合

は、大きめの鍋を使ってガスの熱を最大限に利用することをおすすめします。

 

ガス代を節約する方法:その⑧ 食洗機を設置して使う

 

皆さんは普段、どのような方法で食器を洗っていますか?手洗いで食器を洗う人もいれば、

食洗機を設置して使う人もいます。

手洗いの方が水道代やガス代が意外と高いことをご存知でしょうか?実は、電気代は高くて

も水道代やガス代を考慮すると、食洗機の方がはるかに省エネであることがわかっていま

す。

つまり、使用する水や電気の量が格段に少なくなり、食洗機を使うことで年間約8,800円も

の光熱費を節約することができるのです。

そのため、ご家庭に食洗機がある方は積極的に使用することをおすすめしますし、食洗機の

購入を検討されている方は、光熱費を節約するためにも食洗機を導入することをおすすめし

ます。

 

ガス代を節約する方法:その⑨ 鍋を加熱する前に鍋底の水滴を拭き取る

 

あまり気にしていない人も多いかもしれませんが、実は調理段階で鍋を使っていて鍋底に

水滴がついている場合、直接火にかけるとガス代に大きな差が出てしまいます。

そのため、調理前には必ず水滴を拭き取ってからガスコンロで調理を開始するようにしまし

ょう。これをするだけで、ガス代を約2.5%節約することができるので、ぜひ実践してみて

ください。

ガス屋の窓口  

ガス代の節約方法 お風呂でのガス代節約術

 

ガスが使われているもう一つの場面は、私たちの生活の中にあるお風呂です。お風呂では、

浴槽にお湯を入れたり、温かいシャワーを浴びたりするときに必ずガスを使います。

ここでは、お風呂のガス代を節約する方法を見ていきましょう。効果的な方法をご紹介しま

すので、ぜひ日常生活に取り入れてみてください。

 

ガス代を節約する方法:その⑩ お湯を貯める量を減らす

 

いつもシャワーだけでお風呂に入る人もいれば、毎日湯船に浸からないと疲れが取れないと

いう人もいます。

そのような場合、ご家庭では湯船にどのくらいのお湯を入れていますか?当然のことなが

ら、浴槽を満タンにするほどのお湯を入れてしまうと、ガス代が高騰してしまいます。

そのため、今までお湯の量をいっぱい使っていた方は、お湯の量を半分くらいに減らしてみ

ましょう。単純に計算すれば、ガス代を半分にすることができます。

半身浴になりますが、お湯の量でちょうどよく体が温まるので、この機会にお湯の量を減ら

してガス代を節約してみてはいかがでしょうか。

 

ガス代を節約する方法:その⑪ 設定温度を下げる

 

ガス代と設定温度には密接な関係があることをご存知ですか?実は設定温度が高いほど

ガスの使用量が多くなるため、ガス代が高くなってしまうのです。

そのため、設定温度をできるだけ低くして、気温に合わせて調整することが大切です。

実際に、シャワーの温度をわずか1度下げるだけで、1分あたり0.2円、15分あたり3.5円の

節約になります。

このように、その日の気温や季節によっては、シャワーの温度をできるだけ低く設定する

ことで効果的に節約できるので、ぜひ実践してみてください。

 

ガス代を節約する方法:その⑫ 追加暖房の使用量を減らす

 

時間が経つにつれ、特に肌寒い季節になると、湯船のお湯の温度が下がってきます。次にお

風呂に入るときには、お風呂の再暖房機能を使ってお湯を温め直すことになるでしょう。

しかし、これは最もコストのかかる行為であり、ガス代の増加につながります。

そのため、お風呂場のお湯の温度をできるだけ温かく保つように工夫することが大切です。

例えば、以下のようなことが考えられます。

– 浴槽に蓋をします。

– 水面に保温シートを使用する

– 入浴の際には、順番を守って時間に余裕を持って入浴するようにしましょう。

– 複数人のグループで一度に入浴する

これらのコツなどは、ガス代を大幅に節約することができるので、家族で協力して取り組む

ことをおすすめします。

 

ガス代を節約する方法:その⑬ お風呂のお湯を冷やさない方法

 

浴槽のお湯を冷めないようにするためには、浴槽の蓋を使う以外の工夫が必要です。

ぜひ使っていただきたいアイテムをご紹介します。

お風呂の保温シート

保温用のアルミシートは、浴槽の上に軽く置くだけで水温を一定に保つことができる優れも

のです。ご家庭にある場合は、保温効果があるのでぜひ活用してみてください。

節水効果のあるシャワーヘッドを使う

節水型シャワーヘッドは、通常の水量よりも多くのお湯が出る上に、超微細な穴が開いてい

るので、少ない水量でもパワフルな水流が得られます。

 

ガス代を節約する方法:その⑭ 節水型シャワーヘッドを使用する

 

最近ではホームセンターなどで簡単に購入できる節水型のシャワーヘッドを使用すると、

一般的に使用されているシャワーヘッドに比べてお湯の量を減らすことができるので、

必然的に節水につながります。

さらに、節水になるとガス代もカットできるので、一石二鳥と言えるでしょう。

 

ガス屋の窓口  

ガス代を節約する方法 ガス暖房でお節約法

 

また、普段の生活の中での「ガス暖房器具」の使い方次第で、ガス代を大幅に節約すること

ができます。実際に実践できる方法を見ていきましょう。

 

ガス代を節約する方法:その⑮ ガス暖房機とエアコンを併用する

 

ガスコンロとエアコンは、冬場の暖かさを保つために使用します。エアコンだけを活用して

も足元が冷えてしまうとよく言われますし、熱伝導率を考えるとガスコンロを併用した方が

良いでしょう。ダブルヒーターを使うことで、部屋全体を暖めることができるので、電気代

やガス代の節約にもつながります。

ガスストーブとエアコンを併用してみると、毎月のガス代の違いがわかると思います。

まだ試していない方は、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

ガス代を節約する方法:その⑯ ガスストーブを窓際に置く

 

冬場にガスストーブを使用する場合、部屋の温度差をなくして暖房効果を高めるためには、

窓の近くにガスストーブを設置して冷気を部屋全体に行き渡らせるようにすると効率的で

す。そのため、ガスコンロを使用する場合は窓際に設置するのがおすすめです。

 

 

ガス代を節約する方法を知って出費を抑えよう

 

ガス代を節約するための効果的な方法や節約方法を徹底解説してきました。

ガスは予想外の出費に見舞われやすい光熱費なので、多くの人が知らず知らずのうちに放置

してしまいがちな分野です。

あえて意識して節約するようにすれば、年間の光熱費をかなり安く抑えることができます。

今回ご紹介したガス代節約術を実践することで、家計に余計な光熱費を減らし、

快適な生活を送ることができます。

詳しくはこちらまで
ガス屋の窓口  

WEBからの指定の条件でお申込みで最大30000円キャッシュバック!【ガスチョイス】