ネットビジネスで稼ぐ

Youtubeで稼ぐ方法

YouTubeが「稼ぐ手段」になる!

ほとんどの方が毎日のように利用している動画配信サービス「YouTube」。

これが、最近、「見るもの」としてだけでなく、「稼ぐ手段」としても注目されているのです。

YouTubeで稼ぐために必要な知識や動画を投稿する前に知っておきたいポイント。

並びにYouTubeの収益化のしくみや広告の種類などを見てみましょう!

動画配信サービスの中でも、国民の過半数が毎月利用しているとされる「YouTube」は、

情報収集や娯楽のメインコンテンツとして多く利用されています。

普通の人が「見て楽しむためのもの」だと思っているYouTubeですが、

最近では「稼ぐ手段」のひとつになっているのです。

収益化を目的としてYouTubeへ動画投稿を始める人も少なくありません。

挑戦しやすい副業として人気を集めています。

動画投稿者は、投稿した動画に商品やサービスの広告を流すことができます。

これはテレビ番組の放映中に流れるCMと同じようなしくみです。

テレビCMの場合は、広告の放映によって企業がテレビ局に広告掲載料を支払いますが、

YouTubeの場合は、チャンネルを運営する個人が広告を流す役割を担っているため、

広告掲載料を個人で得ることができるのです。

動画広告の市場規模

YouTubeを含めた動画広告の市場規模は、サイバーエージェントの報告によると、

2019年の国内動画広告市場は2,592億円で、前年比141%の増加。

2020年には3,289億、2022年には4,470億円に達すると予測されています。

YouTubeで収入を得るしくみ

広告収入のしくみと広告の種類

YouTubeで自社の商品やサービスをPRしたい広告事業主は、YouTubeに掲載料を払って

広告を出します。

広告には、動画の途中でテレビCMのように流れたり、バナー広告のように表示されたり

と、さまざまなタイプのものがあります。[

動画投稿者は動画ごとに広告を設定することができます。

ただし、表示される広告は動画との関連性などからYouTubeが自動的に決定するため、

どのような広告を表示するかは動画投稿者側では制御できません。

これらの一連の流れによって企業から視聴者へ商品やサービスのPRが行われ、

動画投稿者には報酬が支払われます。

なお、動画投稿者が設定できる広告には、

*動画本編の前後や途中に別の動画が再生される「インストリーム広告」、

*再生画面の下部が広告枠になる「オーバーレイ広告」、

*おすすめの動画一覧の上が広告枠になる「ディスプレイ広告」、

*再生画面上に動画に関連した画像や文字が表示される「スポンサーカード」

など、さまざまなタイプのものがあります。

 

(1)インストリーム広告

テレビCMにもっとも近い形式の広告が「インストリーム広告」です。

動画の再生中に表示されます。視聴者はテレビ番組の途中でCMが流れるのと同じような

感覚で広告を見ることになります。

なお、インストリーム広告には、5秒間再生されたあとに視聴者が広告をスキップするか

残りを見るかを選べるタイプと、最後まで広告を視聴した後に本編が始まるタイプの2種類

が存在します。

(2)オーバーレイ広告

「オーバーレイ広告」は、再生画面の下部に表示される広告です。

本編の再生中に、バナー画像もしくは文章表現による広告が表示されます。

視聴者は広告枠の右上に表示されている「×」を押すと広告を非表示にできるため、

視聴の妨げになりにくいという特徴があります。

(3)ディスプレイ広告

「ディスプレイ広告」は、再生画面の横にある、おすすめの動画一覧の上に表示されます。

ここには広告主が指定した画像が表示されます。

動画に被らない場所に表示されるため、視聴者の動画視聴を妨げません。

再生画面が大きい場合は、再生画面の下に表示されます。

(4)スポンサーカード

YouTubeには、動画投稿者が他のページや動画に注目してもらいたい時に設定できる

「カード」という機能が存在します。

「カード」には、画像・テキスト・視聴者に見せたいURLなどを設定する事が出来ます。

この機能を広告として利用しているのが「スポンサーカード」です。

 

広告収入を受け取るために必要な手続き

YouTubeにチャンネルを開設しただけでは広告収入を受け取ることができません。

まず、「YouTube パートナー プログラム(YPP)」に参加する必要があります。

YPPとはGoogle AdSenseという広告配信サービスとYouTubeチャンネルを連携させて、

広告収入を受け取れるようにするしくみです。

また、このYPPに参加して広告を収益化させるためには、

いくつか条件をクリアしなければなりません。

具体的には、

①公開動画の総再生時間:直近12カ月間で4,000時間以上

②チャンネル登録者数:1,000人以上

チャンネル登録者と総再生時間を増やすためには、コツコツと動画投稿を続けていくことが

必要です。

再生回数と広告収入の関係

それでは、YouTubeではいくらくらい稼げるものなのでしょうか?

動画再生1回でどれだけの広告収入があるのか、気になる点だと思いますが、それについてはっきりとした金額はわかっていません。

ただ、目安として、2020年4月現在では0.01〜0.1円と推測されています。上で紹介した広告を複数組み合わせることができたり、流れる広告によって金額が異なったりすることから、常に価格が変動するため目安額から大きく離れる場合もあります。

 

Youtubeでの広告収入の具体的かつ飛躍的に稼ぐ方法!