公開履歴
お腹の脂肪を心配する男性

オーリスタットは他のダイエット薬とは違った作用機序で減量効果を発揮します。
マジンドールやリデュースなどの他のダイエット薬は、中枢神経に作用して食欲を抑制し、食事量を減らすことでダイエット効果を発揮するのに対し、オーリスタットは脂肪の吸収を抑制することでカロリー摂取を減少させる薬なのです。

もう少し詳しく言うと、オーリスタットは膵臓から腸管内に分泌されるリパーゼという酵素の働きを阻害する作用があります。
リパーゼは脂質を脂肪酸とグリセリンに分解し、脂質の体内への吸収を促進する酵素です。
実は人体は脂質自体をそのまま吸収することはできず、吸収にはリパーゼによる分解を経る必要があるのです。
このためリパーゼの働きが阻害されると、脂質は吸収されずに消化管内を素通りしていきます。
オーリスタットがダイエット効果を発揮するのはこのためであり、他のダイエット薬のような食欲抑制作用はありません。

オーリスタットは他のダイエット薬と作用が異なるので、副作用も当然違ってきます。
他のダイエット薬は神経系に作用するので、副作用もそれに関係したものになります。
例えば交感神経が活性化されることによる口の渇きや不眠、血圧の変動などがマジンドールやリデュースの服用によってよく見られる副作用です。
対してオーリスタットは神経系ではなく消化系に作用するので、このタイプの副作用は見られません。

代わりによくあるのがビタミンの欠乏です。
これはオーリスタットの作用により、脂質と同時に脂溶性ビタミンも同時に排出されてしまうからです。
そのためビタミン剤とセット販売されていることがよくあります。
また服用時に脂っこいものを食べすぎると、吸収されなかった大量の脂質によって下痢になることがあります。

記事一覧