過食症になる原因

お腹が大きい男性

精神的なものが引き金になって起こる摂食障害として、拒食症と過食症があります。
そのうち、過食症というのは、一度にたくさんの食べ物を摂ってしまう病気であり、その後吐き出したり、下剤などを使って排出させたりするため、実際には太っている人は少ないのです。

その原因としては、精神的なものが多く、ストレスやダイエットなど、心に負担をかけているということが多いのです。
例えば、人間関係や家族関係で問題があったり、仕事や勉強でのストレス、失恋や受験の失敗、親からのプレッシャーなど、現代にはストレスの原因になるものが多いのです。
さらには、無理なダイエットなどが原因になることもあるのです。

過食症の人には、信じられないほどに大量の食べ物を摂ったあとに太ってしまうという恐怖感が出てきたり、それに対して罪悪感があったりすることで、一連の自己誘発性嘔吐や代償行動を起こしてしまうのです。
しかし、過食症というのは、いろいろなところに悪影響が出てくることが多いので、注意が必要です。

また、最近話題になっているダイエットピルとの関係ですが、なるべくそういった摂食障害のある人では、服用するにあたって気をつけたほうがよいといわれています。
過食症の人は自分で食欲をコントロールできないわけであり、なるべく避けたほうがいいでしょう。

ダイエットピルの中でも、オーリスタットという成分が含まれ、脂肪分の吸収を阻害するような役目をする薬があります。
こちらは、先発品や後発品など、数多く出ているものです。
オーリスタット自体は、世界的にも認められるくらいの効果がある薬であるというわれているのですが、過食症の人では気をつけたほうが賢明です。

しかしながら、健康な人が使う分にはオーリスタットはダイエット効果があり、よいといえるでしょう。

最近の投稿
運動している肥満の男性
過食症の特徴

2019年09月08日

お腹が大きい男性

過食症になる原因

2019年08月22日

サイト内検索