過食症の特徴

運動している肥満の男性

精神的なものが原因となる摂食障害には、2つのタイプがあります。
一つが拒食症、もう一つが過食症になります。
そのうち、過食症とは神経性大食症といわれ、食欲があるわけでもないのに、大量に食べ物を摂りたくなる病気になります。
そして、過食した後に体重が増えないようにするために、自分で口に指を入れて吐き出したり、下剤や利尿剤などを使って、排出しようとする行動に出るのです。
ですから、過食症の人には肥満体型の人が少なく、わりと標準型の人が多いのです。

また、過食症の人の特徴としては、異常なくらいに食べてしまったり、家族やまわりにわからないように食べてしまうなどがあげられます。
さらには食べたあとに食べたことに対して罪悪感を感じ、太ることに恐怖感があってどうにかしなければと行動に出てしまう人が多いのです。
つまり、自分自身で食欲のコントロールができないのです。

近頃、何かと話題になっているダイエット薬として、オーリスタットという成分の入ったダイエットピルが知られるようになりました。
これは、食べ物に含まれている脂肪分や脂質の3割程度の体内での吸収を妨げる働きをします。
世界的にも、絶大な効果が認められ、多くの人が使用している痩せ薬になります。

しかし、オーリスタットを使用する際には気をつけなければならないことがあります。
それは過食症や拒食症などの摂食障害の人の使用に関して注意喚起されているということです。
摂食障害の人の服用に関して制限はありますが、その後の過食などに繋がらないように注意する必要があるのです。

オーリスタットは正しく、適した人に処方するには、とても効果的な薬です。
ですから、使用上の注意を守って使うようにしましょう。

最近の投稿
運動している肥満の男性

過食症の特徴

2019年09月08日

お腹が大きい男性
過食症になる原因

2019年08月22日

サイト内検索